1. HOME
  2. PROBLEM~ブライダル業界の課題~
  3. ブライダル業界をクレーム業界なんて言わせない!
PROBLEM~ブライダル業界の課題~

ブライダル業界をクレーム業界なんて言わせない!

PROBLEM ~ブライダル業界の課題~

ブライダル業界をクレーム業界なんて言わせない!

BSテレ東「WBS」で今の結婚式事情が紹介されていました。
国民生活センターに年間約1600件のクレームがきてると。

例えば・・・

相談日に今日成約したら安くするという事で申込を強要され、その式場の空気にものまれ、その場で契約して申込金を払った。
でも数日後に色々考えその式場をキャンセルする事に決めるが、申込金は返ってこない。

相談日に今日成約してくれたら〇〇十万値引くという事で、見積もり総額が200万円代までさがり、これなら予算の範囲で大丈夫だとその日に契約。
しかし結婚式半年前に試食会があり、料理がプラン内容のままではゲストに失礼だと気づき、納得する内容のものにグレードアップをした。
すると結局500万円近くにまで見積もりが膨れ上がってきた。
これでは話にならない・・・。

こんなクレームがテレビニュースで紹介されていました。
そしてこれらのニュース映像の後にコメンテーターの言葉。

ブライダル業界は、
お客様をリピーターとして期待しない商売だから、
一回限りという事でどうしても接客が雑になりがちだ。

だから実際に挙げた新郎新婦の声を聞けるシステムが必要。

こんな感じの事を言われていました。

悔しいな。
僕たちの業界をコメンテーターに言われっぱなしで・・・

僕たちプランナーは1回限りだからこそプレッシャーの中でその時その時を必死にやってるんだ。
プロ野球のようなリーグ戦ではなくて、高校野球のような負けたら終わりというプレッシャーの中でやってるんだ。

毎回、毎回、嘔吐するようなプレッシャーの中で一生懸命やってるんだ。
軽はずみでも、接客が雑になるなんて事を言われたくない。

でも、言われている事が事実なのであるとすれば、そしてこのクレームが本当にあったクレームなのであるとすれば、どこの誰が悪くて、こんな事言われなきゃいけないんだ!

本当に悔しい。

ここまでメディアにボロクソに言われても。
まだ業界風土というものは変わらないものなのか・・・

結婚式場でトップに立つ社長、あるいは支配人、あるいはマネジャーに哲学がないのであれば、現場のプランナーがもっと考えなきゃいけないと思います。

重くて、重くて、とても大きな問題であると認識します。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

姫路ウェディングマガジンは、

姫路の結婚式のプロデュースをしています。

名称:スウィートブライド

住所:〒670-0921 姫路市綿町156

☎ 079-228-6677

↓スウィートブライドのアクセスはこちら↓

https://himeji-wedding.com/salon/access/

ryo

↓興味がある人はこちらから相談予約をして下さい↓

https://himeji-wedding.com/salon/contact/

ryo
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。