1. HOME
  2. PROBLEM~ブライダル業界の課題~
  3. 【ブライダルの課題】シンプルプライスのススメ
PROBLEM~ブライダル業界の課題~

【ブライダルの課題】シンプルプライスのススメ

PROBLEM ~ブライダル業界の課題~

シンプルプライスのススメ

こんにちは。
姫路のブライダルプロデュース会社スウィートブライド代表でウェディングプランナーの中道諒です。
ここでは、僕の考えや想いを綴っています。

ブライダル業界の主流は「オプション攻撃」

最初の見積もりは安く、成約後にオプションを付加していくやり方で、これはブライダル業界の伝統芸能のようなもの。

この元凶は、ウェディング専門雑誌が式場の見積もりを掲載するようになった事。必然的に全国のどの式場も足並みをそろえるように同じ見積もり価格になってしまいました。

ウェディング専門雑誌という存在のデメリットかもしれませんね。

そしてそれに対抗するかのように格安式場が登場。

でも、これも基本は同じでした。
ベースプランは格安だけど実際にはアップしていく。

オプションに利益がある訳だから、ビジネスモデルの構造としては仕方がないですよね。

でもそもそものベースプランに利益が無いと、多少のオプションでアップしたところで莫大に利益があがるものではなく、結果としてもっと大きなオプションを設定するようになります。

例えば格安式場であれば、結婚式だけ売っててもそんなに利益はでませんが、その後のお食事会を紹介したり、また自社で披露宴会場を持つ事で成り立っています。

つい先日、
僕の知人の息子さんが格安チャペルで式を挙げました。

「7万くらいで挙げれるんです!」
と最初の段階で喜んで連絡してきました。

僕の夢は格安チャペル経営。だから格安信者。
挙式、衣裳、ブーケ、ヘアメイク、写真がついて5万円~7万円って憧れの極みでしかありません。

でも今の僕の年間組数ではそこまで安くする事なんてあり得ないから僕にとっては夢物語。やっぱり格安式場をしようと思うと、薄利多売なので最低でも年間1000組は必要ですからね。

姫路地域1店舗経営でさすがにそれは無理。

それでも安い費用でやってくれるスタッフをかき集める事はできるかもしれない。でもそれでは品質が落ちるだけだし、素晴らい腕をもったプロのメンバーで格安をやろうとすると無理があるんですよね。

今回のお2人の希望は、『お2人はお金が無く、またご両親もだしてあげられる余裕が無く、それでもけじめとして式だけでも挙げたい』という事でした。

本当は僕の会社で結婚式して欲しかったけど、その格安チャペルがそこまで安いと真剣にそっちの方がいいと思ったので、僕は「それならそこがいいと思うよ!」と返信しました。7万円で夢が叶うならステキだと思いました。

式が終わるとお2人や親族の笑顔の写真がいっぱい送られてきました。
結局いくらかかったのか聞くと、200万円でした。プランナーに勧められてそのチャペルの横にある会場で披露宴をしたようなのです。

「最初は披露宴まで考えてなかったけど出来て結果的に良かった!」と喜ぶ声を聞いて僕は複雑な気持ちにはなりました。

それだけ出せるのなら当社でレストランウェディングできたのに・・・・。
費用も100万円もあれば全然足りるのに・・・。

その一件以来、色んな事を考えるようになりました。

(何が正解なんだろう・・・)

当社は格安でもなければ、高額でもない。
当社の売りは、僕の結婚式に対する思想や哲学に基づくプランニング、そしてスタッフの人柄、腕・・・などの総合チーム力。

正直なところ、このソフトの部分は当社は圧倒的に強いと確信しています。
でもそれが他社との決定的な差別化にはなりません。

お客様は、見えない「ソフト」ではなく「価格」
それもわかりやすい価格でしょう。

格安までいかなくとも、「シンプルプライス」はやるべきでしょうね。

もはや当社のようなブライダルに対する向き合い方も、違う見方をすれば旧態依然なのかもしれない。

コロナ明けからのウェディング新時代。

新しい道へのチャレンジは必須のように思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

姫路ウェディングマガジンは、

姫路の結婚式のプロデュースをしています。

名称:スウィートブライド

住所:〒670-0921 姫路市綿町156

☎ 079-228-6677

↓スウィートブライドのアクセスはこちら↓

https://himeji-wedding.com/salon/access/

ryo

↓興味がある人はこちらから相談予約をして下さい↓

https://himeji-wedding.com/salon/contact/

ryo
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。