1. HOME
  2. PROBLEM~ブライダル業界の課題~
  3. プロをリスペクトできる風土に。
PROBLEM~ブライダル業界の課題~

プロをリスペクトできる風土に。

PROBLEM ~ブライダル業界の課題~

プロをリスペクトできる風土に。

こんにちは。
姫路のブライダルプロデュース会社スウィートブライド代表でウェディングプランナーの中道諒です。
ここでは、僕の考えや想いを綴っています。

どこの式場も、プロのスタッフとは企業対企業で契約を結んでいます。

特に大手式場になればなるほど契約金も半端ないので、結果的にプロ側も大手しか式場と契約するのは難しいという関係性が出来上がっています。なので、フリーランスのプロの人たちは、そういう大手のプロダクションに登録して式場の仕事をする訳です。

式場と新郎新婦の間に仲介業者が増えれば増えるほど、末端のプロのギャラも少なくなります。

僕は個人でプロデュース会社を運営していて大手式場の事はよくわかっていませんが、何となくだけど、プロが虐げられてるようにも感じてしまうんですよね。

(そうじゃなかったら、すみません・・・)

当社は、美容師、カメラマン、司会者等の持ち込みは基本お断りしています。

なぜなら、その人たちとでないと、いい結婚式ができないからです。
結婚式は100%チームプレイ。スタッフ皆の意識が同じ方向を向いていて、なおかつ技術力を高く持つというのは、結婚式を運営する上で最も大事なところなんです。

式場の場合は、キレイな式場があります。広々して使い勝手のよい披露宴会場があります。だから、マニュアルで対応できる。

でも当社のようなフリーのプロデュース会社は、マニュアルでカバーできるようなキレイな会場は少ないので、やはりスタッフそれぞれの力量があからさまにでてしまいます。

当然のことながら、僕が最も大切に考えているのはプロのスタッフです。

それ以上もそれ以下もありません。
どれだけ人間性がいい人で技術が高い人と出会えるか。この仕事を突き詰めればその1点かもしれません。

僕はステキな人たちと一緒に仕事がしたい。
そして、プロからスウィートブライドで仕事がしたいと思ってもらいたいから、皆が楽しい仕事ができるようにもっともっと精進しなきゃいけない。

僕自身の仕事のやり方で、集まってくるスタッフの人間性もビックリするくらい変わってきます。

僕がビジネスライクであれば、ビジネスライクなプロの人たちが集まってくるし、僕がお客様への愛情を一番に考えて仕事をしていれば、僕と同じような想いのプロの人たちが集まってきます。

だから個人のプロデュース会社というのは、企業対企業の契約書にはない、心のつながりで仕事をしているところがあって、そこが大手式場と最も違う部分ではないかと思います。

そう考えると、美容師やカメラマンや司会者や音響や・・・、そういう人たちがシステムの中で虐げられているように感じてしまう式場のやり方というのは、もう少し改善できないものなのかなぁと思う訳です。

(何度も言いますが、これが僕の思い過ごしであればすみません・・・)

もっとプロにリスペクトできるような風土に。

でないと、本当に力のあるプロは、自分が見切った式場で仕事はしなくなります。
それは結果的に式場にとって損になる事だと思うのです。

その人は契約してないからダメ!なのではなくて、
今のこの当社のチームは最高ですよ!って自信を持って言えるようにしたいですよね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

姫路ウェディングマガジンは、

姫路の結婚式のプロデュースをしています。

名称:スウィートブライド

住所:〒670-0921 姫路市綿町156

☎ 079-228-6677

↓スウィートブライドのアクセスはこちら↓

https://himeji-wedding.com/salon/access/

ryo

↓興味がある人はこちらから相談予約をして下さい↓

https://himeji-wedding.com/salon/contact/

ryo
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。