1. HOME
  2. ♬ お仕事日記「大安吉日」
  3. お母様は留袖、お父様はモーニング?悩む服選び。
♬ お仕事日記「大安吉日」

お母様は留袖、お父様はモーニング?悩む服選び。

今日は新郎のお母様の留袖選び。

今春、書写山円教寺で結婚式。
洋服を着ようかどうしようか・・・悩んでたお母様。
最終的には留袖に決定。

最近はどのお母様も一番悩まれているところかもしれない。

留袖を着るのはしんどいけど、洋服を着ようと思ってもどんな洋服を着たらいいのか悩む。
そう思うと、着るのはしんどいけど留袖を着てて悪い事は無いし、無難に留袖がいいかな。

お母様の悩みというのはそんなところ。

その気持ちはよくわかる。
結婚式は昔ながらではあるけれど、今の時代の結婚式の常識というのもある訳で、そのあたりは僕がレクチャーをしてあげる必要がある。

お父様は最近はほぼほぼ略礼服になってるかな。
大きな式場のチャペルで結婚式をする場合は、お父様は新婦様と一緒にバージンロードを歩くからどうしてもモーニングが多くなるんだけど、神社仏閣ではお父様と新婦様が一緒に歩くというシーンは無いので、ほとんどが冠婚葬祭で着る略礼服が多いように思う。

でも、略礼服でいいや!と思ってても、これはご両家があっての話なので、どちらかのお父様がモーニングを着ると言い出したら、当然もう一方のお父様はそれに合わせないといけなくなる。
またモーニングではなくて、お父様も新郎様と同じ紋付袴を着たい!という場合もある。
だから、こればかりはそれぞれの好みになってくる。

これはお母様も同じ。

好みが合うご両家もあれば、考え方が違うご両家もある訳で、このあたりは永遠のテーマかもしれない。

そういう時、昔は仲人さんの登場であったりするんだけど、今の時代に仲人なんていないから、ご両家はお互いに悶々としてしまうもの。
スウィートブライドではこういう時は僕の出番。
ご両家それぞれとお話をさせていただき、一番いい着地点に導いていくのが僕の仕事。

正解がないからある意味ややこしい問題になる時も。

でも、それが結婚式というもの。

ひとつひとつ、きっちりとお話をして進めていく事が何より大事な事なんですね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

姫路ウェディングマガジンは、

姫路の結婚式のプロデュースをしています。

名称:スウィートブライド

住所:〒670-0921 姫路市綿町156

☎ 079-228-6677

↓スウィートブライドのアクセスはこちら↓

https://himeji-wedding.com/salon/access/

ryo

↓興味がある人はこちらから相談予約をして下さい↓

https://himeji-wedding.com/salon/contact/

ryo
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。