今日は午前中、姫路神社で打合せでした。

姫路神社と言えば、やはり桜の名所ですから桜時期のお問合せが多いです。
ただ、この時期は雨も多く、ドキドキはらはらします。

全ての新郎新婦様が最高の環境でできればいいのですが、
こればかりは自然との戦いなので、一生懸命お祈りするしかありません。

姫路神社は姫路城の真下にありますが、あまり認知されてなくて、皆さんよく護国神社と勘違いされたりします。
だからよく電話でご説明している時に、話が食い違うところがあるんですよね。面白いです(^^)

姫路神社は、近隣の神社のような式場としてのきっちりした施設はありませんが、その分俗世にまみれていない神社らしい風情の漂う神社です。
だからここを気に入ってくださる新郎新婦様は、そんな風情を感じ取れる方ばかりで、自然とあったかくて、人懐っこい感じの新郎新婦様のような気がいつもしています。

そして、そのご家族も同じくそんな空気の方々ばかり。

ですので、結婚式当日は自然とあったかいアットホームで素敵な結婚式になるんですね。
私たちのプロデュースの力ではなくて、本当にお客様がいい空気を自ら作って素敵な式にしている感が強いです。

あったかいお客様があったかい結婚式を作ります。

そういう新郎新婦様やご家族には、たぶん俗世にまみれていないこういう古き風情漂う神社が合うのだろうなぁと思うのです。