今日は京都にブライダルサロンに置く座卓を受け取りに行きました。
伏見稲荷大社の近くの人で、そんなところに住めて羨ましいなぁと思いました。
座卓の件は、また明日のブログで♡

せっかくなので、京都の寺院を巡る事に。
行きたい寺院は山ほどあるけど、今日は西国三十三所の霊場にしました。

まずは泉涌寺の中にある今熊野観音寺へ。

朝一番だったから、駐車場も空いていました。
まず目に飛びこんでくるのは、でっかい体の小護大師。

本堂では御前立の十一面観音様がとても雰囲気があっていい感じでした。
秘仏の本尊は空海自らが彫ったと言われてますが、この御前立は結構そっくりらしいので、たっぷりと拝観しました。

次に六波羅蜜寺へ。

ここでも少ない駐車場にとめれてラッキー♡
ここに来たら寄らなければいけないのが宝物館。
600円するけど、入らない訳にはいきません。

空也像、運慶像は生で見ると感動します。
平安時代の大きな薬師如来坐像もすごく良かったです。

次に革堂行願寺へ。

普通に街の一角にある感じの寺院。
人間味があってあったかい感じが良かったですね。
本堂の納経所では、寺の人と色々会話を楽しみました。

次に六角堂頂法寺へ。

ここはちょっと派手な感じがします。
池坊の華道が誕生した寺院だけに、そういう派手な香りがするんでしょうね。

屋根の六角の形がとても良い感じでした。
境内には小さな可愛い地蔵さんがたくさんいました。

ここまでですでに4つの寺院に行きましたが、まだ時間があったのでもうひと足伸ばして、
善峯寺に行きました。

さっきまで京都の街の中をうろうろしてたので、いきなりの山道に少々疲れました。
たださすがに、善峯寺は他と違って伽藍が多くじっくり拝観すると半日がかかる感じですね。

本堂で御朱印をもらってから、山内をくまなく歩きました。
これだけの数の伽藍が点在しているところってなかなか無いですよね。
円教寺も多いですけど。

徳川綱吉の実母である桂昌院が建立してるので、桂昌院にまつわる伽藍も多く、
山頂には桂昌院を祀る「けいしょう殿」がありました。
ここから眺める京都の街並みは最高でした。

今日はこれで終わり。

楽しい西国巡りでした。