神社やお寺の結婚式で行われる三三九度の儀式。
三三九度という名前は聞いた事ありますよね?
三三九度は、大中小の盃を酌み交わして契りを結ぶという儀式です。
古くからのやり方は、
小の盃 新郎→新婦→新郎
中の盃 新婦→新郎→新婦
大の盃 新郎→新婦→新郎
三段に重ねた盃を上から順番にひとつの盃で交互に三回、合計九回いただく作法だったことから三三九度と言われています。
最近では時間を短くするためもあり、
小の盃 新郎→新婦
中の盃 新婦→新郎
大の盃 新郎→新婦
のように行われているケースがほとんどです。
※写真イメージ 姫路神社本殿にて

IMG_1368-600