1. HOME
  2. FUTURE~新しい結婚式を考える~
  3. ご祈祷、前撮り、お食事会をセットした今の時代のフォトウェディングというご提案
FUTURE~新しい結婚式を考える~

ご祈祷、前撮り、お食事会をセットした今の時代のフォトウェディングというご提案

FUTURE~新しい結婚式を考える~

#3 ご祈祷、前撮り、お食事会がセットになった今の時代のフォトウェディングというご提案

こんにちは。
姫路のブライダルプロデュース会社スウィートブライド代表でウェディングプランナーの中道諒です。
ここでは、僕の考えや想いを綴っています。

今年に入り、結婚式離れは確実に進んでいるように感じます。

姫路地域でも、式場の組数は軒並み減少傾向にありますが、
逆に前撮りの組数は増えているように思います。

新しいフォトスタジオであったり、フリーランスのフォトグラファーが大挙して他県から姫路にも押し寄せてきてるなぁという印象がありますね。
他県から姫路に出店してくる理由としては、50万都市でさらに有名な世界遺産があるというのは、他県から見るとまだまだ伸びしろがたっぷりあるように見えるんでしょう。

それにより、業界内の勢力図も大きく変わってきています。
姫路の田舎の中でお山の大将でやれてた時代は良かったですけど、他県から全国区のバリバリのところが押し寄せてくると簡単に負けてしまう。
それはIT技術であったり、広告の出し方であったり、資金力があったり、いろいろ。

今の姫路はそんな感じなんじゃないですかね。
でもそれもある意味、姫路のブライダル業界のひとつの方向性であるとも思います。

ただ、それだけフォト業界が乱立してくると、姫路の主要な場所での撮影が困難になってきたりしている部分もあり、弊害も起きてきているのは事実です。

そんな状況の中で、スウィートブライドはあえてその争いの中には参戦していません。
その争いは、価格競争でしかなくなってきていますから。

当社は、結婚式本番を運営する会社で前撮りの会社ではありません。

だから、たとえ前撮りでもご家族やご親族に対して色々と想ってしまうところが、スウィートブライドらしいところです。
こればかりは抜けきれない部分も多く、前撮り専門のフォトスタジオよりはちょっとたいそうかもしれませんけど。

僕が前撮りで大切に想ってるのは、
お2人にとっては一生に一回であるという事。
そしてその1回の選択を間違えないように、嘘のない誠実な広告をうつ事。
お2人だけでなくご家族もハッピーになっていただく事。

こうやって書いてみると、結局は結婚式となんら変わらない想いで前撮りをさせていただいているという事がおわかりいただけると思います。

そこで今、当社らしい前撮りとして人気があるのは、
ご祈祷付き前撮り。

結婚式を挙げないお2人にもぜひご祈祷をしていただいて、それを結婚式だと思ってしていただく。
そしてご祈祷の後、通常の前撮りをたっぷりします。
なので、ご家族にも来ていただいて、皆さんで一緒に祝えるような前撮りになる訳です。

また、そのご祈祷付き前撮りの後に、お食事会をする事もできます。
そのお食事会はカジュアルな食事だけでもいいし、ケーキ入刀があるような披露宴ぽい内容でもいいし、色んな選択肢があります。
その選択肢が多いのも、結婚式本番を運営している当社ならではと言えます。

費用は実際の結婚式の半分以下で済みますから、そういう意味でもいいですよね。

こんな人におすすめかな。

結婚式はしたくないけど、写真は残したい。
できれば親やおばあちゃんにも晴れ姿を見てほしい。
せっかくだから少しお食事会もしたい。

ご祈祷、前撮り、お食事会がセットになった新しい今の時代のフォトウェディングというご提案です。

それは、当社スウィートブライドが、結婚式本番の会社であり、オリジナルウェディングをしている会社であり、姫路を中心とする播磨地域の神社仏閣のブライダルプロデュースをしている会社であるからできるご提案なのです。

ご祈祷付き前撮りの詳細はこちらをご覧ください
https://himeji-wedding.com/maedori-himeji/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

姫路ウェディングマガジンは、

姫路の結婚式のプロデュースをしています。

名称:スウィートブライド

住所:〒670-0921 姫路市綿町156

☎ 079-228-6677

↓スウィートブライドのアクセスはこちら↓

https://himeji-wedding.com/salon/access/

ryo

↓興味がある人はこちらから相談予約をして下さい↓

https://himeji-wedding.com/salon/contact/

ryo
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。