姫路城東側にひっそりと佇む姫路神社。
姫路城の城主をお祀りしている姫路の中心的な神社。

でも姫路の人でも案外と知らない人が多いみたい。

総社や護国神社とよく間違えられる。

でも神社らしい風情は一番かもしれない。
すごく神聖な空気を感じると言ってくれる人が多いから。

だからこそ、そんな姫路神社がいい!というファンも多い。

そんな姫路神社での結婚式の一日・・・

3月28日。
まだ桜満開にはもう少し。

でも少しピンクがかったつぼみが春を感じさせる一日。

9時。
新婦様のお支度が始まります。

新婦様手作りの髪飾り。

10時。
少しずつご親族が到着。

昔の懐かしい部屋にいるような・・・
そんな和室がご親族の控室。

アットホームな空気が控室にながれています。
今では見ることのできないガスストーブも活躍。

新郎のお支度を楽しそうに見つめる新婦様。

お母様も控室で一緒にお支度を楽しまれています。

新郎様は自撮り。
楽しい笑い声が響きます。

10時30分。
お2人仕上がり、皆様にお披露目です。

本殿をバックに参道にて型物撮影からスタート。
新婦様おひとり、新郎新婦様お2人、そして新婦とお母様・・・など、色々な組み合わせで撮影。
ご親族の皆様もスマホで撮影会です。

11時。
型物撮影が終わり、
裾をからあげしてロケーション撮影に移動。
姫路城をバックに撮影ができる城見台へ。

世界遺産姫路城と撮影できるのも姫路神社のいいところ。

ご家族も移動して、姫路城をバックに一緒に撮影。
楽しい時間です。

再び姫路神社に場所を移して、家族撮影。
そして入場準備へと入ります。

11時45分。
新婦様、綿帽子に。
いよいよ結婚式・・・
そんな緊張に包まれた時間です。

新郎様もおひとりで撮影中。
ちょっとカッコつけての撮影です。

11時55分。
ご親族、参道にて整列。

12時。
神主を先頭に、新郎様、そして新婦様とお母様。

ゆったりと本殿へ歩を進めます。

そして本殿の中へ。

姫路神社は宮司の意向により、挙式撮影はしていません。
神様の前で静粛に結婚式を執り行います。

12時30分。
式が終わり、ようやく本殿内での撮影が許可されます。
ご親族は先に退出をして、その後、新郎新婦様の撮影。

特別に三三九度の様子を再現した撮影をします。
結婚式本番中では絶対に撮れないような真正面からの写真が残り、これも姫路神社ならではの一枚。

式後撮影の間に、参道ではご親族に折鶴を配ります。
ご親族もワクワクの時間。

12時40分。
参道にて折鶴シャワー。

おめでとう!の掛け声にお2人も一気にリラックス。

この後、集合写真。
ご親族は次のお食事会の会場に向かいます。

新郎新婦様はまだ少しイメージ撮影。
本殿の横のお稲荷さんで、赤い鳥居と一緒に。

13時。
これで姫路神社の結婚式は終わり。
お2人はお食事会用の服にお着替え。
レストランへ移動します。

13時30分。
レストランでのお食事会も楽しくアットホームな時間が過ぎていきます。

姫路神社の結婚式の一日・・・。

いかがでしたでしょうか。

ご家族ひとりひとりの想い。
大切な時間をゆったりと過ごしていただきます。

姫路神社にしかないその空気感の中で、
日本の神前式の神髄を体感いただければと思います。

●STAFF
・美容 奥谷
・着付 髙橋
・撮影 東(神社撮影)