仕事は、お客様のためにある。

でもぼくは、いつも自分自身と闘ってる。
お客様のためでありながら、自分の納得を求めている。

結婚式という晴れ舞台。
お2人の想い、親族の想いが詰まっている一日。

そんな大切な一日を当社に任せていただける訳だから、プレッシャーは相当なものです。
だからどれだけクオリティーを上げる事ができるのかをいつも考えています。

でも、それはあくまでもぼく自身の自己満足にすぎないもの。

新郎新婦様にとっては初めての結婚式。
何がクオリティが高くて、何が良いのか・・・なんてわかりようがありません。

だからそこを一生懸命説明しても、お2人にはお2人なりの決める価値観というものがあって、
何かそれぞれの価値観で納得された会場で成約されるもの。

おかしな話ですが、ぼくが一番力をいれているチームスタッフのクオリティーは
実は結婚式を選択している時期のお2人には届かない事が多いように思います。

それ故、ソフトの強みはあくまでも当社だけの自己満足。
そしてぼくは自己満足をしたいから、自分自身の納得を求め続ける。

そんな風に一組一組をキッチリとプロデュースさせていただき、
いつの日か、クチコミでスウィートブライドの良さが世間に伝われば、
それがたぶんいい事なんだと思っています。

だからこれからも、自己満足を追求していきたい。

そう思います。