ウエディングプランナーという仕事は接客が全て。

ぼくは元々デパートマンで、物売りとしての接客をしてきて、
今はプランナーとして、物の無いソフトを売る接客をしています。

この両者、接客の質は全く違うものなんだけど、実は全く同じものでもあるんです。

デパート時代、物が売れず悩み苦しんだ時がありました。
まぁ誰しも、仕事をしているとそういう悩みに陥ったことがあると思います。

ぼくがその時に陥ったのは、
これだけ親身になって接しているのに何故?という事でした。

ぼくは、お客様に良かれと思う提案を必死に考え、お客様と対峙してたんです。

そう、お客様と真正直に真正面から向き合ってたんですね。
まさにぼくの独りよがり・・・。

ある出来事をキッカケにそれを痛感したぼくは、
それ以降、お客様と向き合うのではなく、同じ方向を向くようにしたのです。

親身になるという事も、気持ちの持ち方、やり方によってその結果は大きく違うもの。

物売りを通してぼくはそういう事を学び、
それはそのまま今のウエディングプランナーの仕事の基礎になっていると思います。

これからも、新郎新婦様に対して真摯で親身でありたいと思う訳です。