ぼくがブライダルの仕事のスタッフを選ぶ時、重視している事があります。

それは、家庭やプライベートの匂い。

仕事ばかりが前面にくる人はそれはそれでステキだと思うんだけど、
ぼくの仕事のパートナーとしては、違うかなって。

家族や友人を大切にされてるのって会話やその人のライフスタイルから見えてくるものです。

自分の身近なものを愛せないと、お客様を愛せないと思うんですよね。
プランナーは不幸の方がイイなんて思ってた時期もありましたが、今は全く思いません。

心からお2人のお手伝いをしようと思える人は、日頃からそうなんですよね。

そういう人だからこそ、ぼくも大切なお客様を託そうと思えるんです。

ぼくとスタッフの信頼感というものはそういうもの。

挙式披露宴の責任一切はぼくにあります。
だからこそ、ぼくは自分が納得いくスタッフとしかチームを組めない。

「愛こそすべて。」なのです。