仕事をするという事は、人と関わるという事。

ぼくはどちらかと言うと、人と関わるのが苦手な方。
独りで家にこもってデザイン作業をしている方が性に合ってるかもしれません。

でもそれではぼく自身の発展性が無い。

ぼく自身が自分の楽な立ち位置で仕事をするという事は、
結果的に、ぼく自身にとって何の成長ももたらさないという事です。

もうひとつ上へ、もうひとつ上へ・・・・その想いが、ぼくを新たなステージへと駆り立てていきます。

でも人と関わると、わずらわしい事が一気に増えてきて、それがストレスになります。
あぁ・・・だからやっぱりぼくは人が苦手なんだなぁって思ってしまうんですね。

でもぼくは一匹狼だ!なんて強まいてても、結局は独りで何もできない訳で
仕事をするという事は、それ自体が小さな社会なんだという事。

企画だ、アイデアだ、なんて言っても、仕事はそういうものではありません。

あくまでも人が創り上げるものだから、
人のチカラというものが、企画やアイデアを超えていくものだと思っています。

だから今日も人に喜び、人に癒され、人で悩む。

それが仕事なんだという事なんですよね。