教会の日曜礼拝。

商談等の予定の無い日曜は、できるだけ教会に顔を出しています。
ぼくが教会員になっているのは、五軒邸教会。

姫路商工会議所を北へ少し上がったところの道沿いにある教会。

昔からブライダルの仕事としてのお付き合いはあったんだけど、
入会するにいたったのは、6年前の大きな挫折がきっかけ。

仕事もお金も何もかも失った6年前。

ぼくはある教会で牧師先生と仕事の打合せをしていました。
そこはステンドグラスが有名な教会で、ステンドグラスの意味とか色々教えてもらってました。

その時、牧師先生が言われたこの言葉にぼくは心ふるえたんです。

「全ての人は平等に幸せになる権利がある。
このステンドグラスを通して神様が全ての人を平等に照らしてるんですよ」

ぼくは不覚にもそのステンドグラスの前で倒れこみ、大泣きしてしまいました。

そして、ぼくにも幸せになる権利があるんだと教わったんです。
その時のぼくにはとてもあったかくて、ありがたい言葉でした。

ひょっとしたらあの言葉があったから、今のぼくがあるのかもしれないと思うくらい。
そしてイエス様に救われた一人なんだと自分を思うようにもなりました。

あの日以来、ぼくは仏様とイエス様を同時に尊ぶようになりました。

般若心経をあげ、賛美歌を歌うのはおかしいのかもしれないけれど、
ぼくにはどちらも大切なものなのです。