ぼくたちの仕事というのは、披露宴がメイン。

どこのホテルや式場も考え方としては、
披露宴ありきで、そこに挙式がくっついてくるような。

もちろん挙式会場のステキさが成約ポイントにつながるんだけど、
打合せをして進めていく内容のほとんどは挙式後の披露宴の話。

どんなプログラムにして、どんな演出をして、どんな風にお色直しをして・・・。

ウェルカムボードなども披露宴会場に置くもので、
招待状も披露宴にお招きするという意味合いが強い。

挙式については、付箋扱いで「挙式にもできましたらご参列下さい」という感じ。

でも今スウィートブライドにお問合せいただく大半が、
実は披露宴が無くて、結婚式だけ。

全く逆のお客様が来られています。

そしていざお2人との打合せがスタートすると、
披露宴がしっかりとある結婚式よりも、より濃密で打合せ回数も多かったりする。

不思議なものですよね。

うちのような小さな会社だからこそ出来るサービスというものがあって、
それがまさに今の時代に合っているんだろうと感じています。

出来る限り贅肉をそぎ落とし、お客様に寄り添っていく。

そしてそれがやがて業界のためになり、地域のために・・・。

ぼくがやってる仕事は、とても小さなお世話焼きかもしれない。
でも、ぼくはそれが一番ステキな事なんじゃないかと思っているんです。