ウエディングプランナーさんたちと話をしていると、
驚くんだけど、ほとんどの人がその先が見えていないように思います。

一組でも多く売るため。という事しか、見えてこない。

これって淋しい話です。
おそらくウエディングプランナーを仕事とドライに考えているからなんじゃないかと思います。

ウエディングプランナーというのは、
もちろん職業ではありますが、職業ではないところも強くある職業。

何言ってるかわからないような言い回しですが、実はそういう事なんです。

ぼくにとって新郎新婦様は、ぼくの家族同然。
お客様という意識で向き合う事はありません。

実はこの部分が、ウエディングプランナーに最も大切な部分だと思っています。

ただ、売る事しか考えていない経営者が多いのも事実。
そういう会社に入ると、基本を学ぶ事は難しいのだろうと思います。

だから、自分で学んで、自分で成長していくしかない。

そう思います。