ぼくはその昔、式場紹介屋としてこの業界に闘いを挑みました。

当時は中道編集長として、姫路の式場やホテル、レストランを掲載させていただき、
全てを熟知した上で新郎新婦様に一番合う会場を紹介させていただいていました。

まだまだインターネットが完全普及する前の時代です。

当時は、ゼクシィだけでは姫路の全てがなかなかわかりにくかった。
ゼクシィに掲載している会場は大手の数社と限られていましたからね。

そこで、ぼくはもっと深く姫路を知って、お2人の選択肢を増やしてあげたいという想いで、
姫路の式場紹介サイトを立ち上げました。

立ち上げ当初は本当に大変でした。
式場からは相手にされないし、アクセスが増えてもなかなか相談にこられないし。

そんな中、様々な方のご協力を得て、少しずつ相談の依頼が増えていくようになりました。

そしてひとつのピークを迎えた頃には、
時代はインターネット全盛で、それぞれの会場を簡単に知る事ができるようになりました。

もはや、式場紹介という存在自体が薄まり始めていくような感じでした。

ぼくは、その時に、式場を紹介して式場から紹介マージンをもらうシステムは無くなると思い、
どのタイミングで式場紹介事業から撤退しようか・・・ばかりを考えるようになっていました。

それから数年が立ち、ぼくはスウィートブライドという会社を立ち上げる訳ですが、
スウィートブライドはオリジナル婚に特化した会社であろうと位置づけました。

そして、式場から紹介料のバックをもらう式場紹介事業という形ではなく、
このお2人には式場が合ってるなぁと感じれば、無料で式場の事をおしえてあげる、というスタイルにしていこうと。

スウィートブライドができて3年。
まだ、その気持ちに変化はありません。

だから、どこで挙げようか、どういう式がいいのだろうか・・・と、すごく悩んでるカップルがいたら、
ぜひ、スウィートブライドに来ていただきたいと思います。

利益とかそういう事ではなくて、お2人らしくできるウエディングのカタチを教えてあげて、
少しでもお2人の悩み解消のお役にたてればと思っています。

式場紹介をビジネスにしちゃうと、どうしてもフラットな目線でお2人を導けなくなるもの。

今のぼくのこのスタンスは、とっても微妙で繊細ではあるんですけど、
そこがブライダルのプロたるプライドだと思ってやっています。

スウィートブライドをブライダルのプロとして、まずは相談に来ていただけたら嬉しいですね。