結婚式は多くのプロの集まりによって作られています。

衣裳のプロ、ヘアメイクのプロ、着付けのプロ、写真のプロ、花のプロ、
司会のプロ、音響のプロ・・・・・。

ただこれらを全て自社の社員で運営している会場はほとんどありません。

会場はそれぞれのプロの会社と提携の契約をしていて、
その会場の世界観を理解した上で、それぞれのプロが当日に腕をふるっている訳です。

スウィートブライドももちろんそうです。
ブライダルに限らず様々なシーンで活躍しているプロを集めて、当日の運営をしています。

スウィートブライドらしいウエディングという表現があるならば、
それはぼく自身のプロのチョイスによって生まれてくる世界観であると思います。

チームというものは不思議なもので、それぞれに秀でた素晴らしいプロを集めたとしても、
いい式になるとは限りません。
スポーツチームと同じで、経験の中でチーム力を高め、連携プレーを積み重ね、
出来上がっていくものです。

スタッフ皆が同じレベルの意識を持って、同じゴールへ向かうというのは、なかなかできるものではありません。
技量のレベルはもちろん、向上心や尊敬、信頼・・・など、様々な要素がまざりあって、
チーム力というものは作られていくものなのです。

ぼくが日々悩み、考えている部分の大半は、そのチーム力のレベルアップに他ありません。

ここまで読んでいただけるとわかっていただけると思いますが、
結婚式が初めての新郎新婦様がご自分たちで全てを手配するというのは、
手配だけは誰でも簡単にスッとできるものですが、当日をいかに気持ちよく楽しく過ごせるか!という
部分では、本当に難しいものなんです。

だからまずは相談に来て欲しいと思います。

そこで、ぼくの言う事を聞いていただいて、その後で、自分たちらしい結婚式というものを
考えてもらえたら嬉しいなぁと思うんです。

何もわからない中で、自分らしさを求めるのではなく、
色々とわかった上で、自分らしさを作っていく事は、ぼくは大事な事だと思っています。

本当のプロとはどういうものか。

お教えしますよ。