ぼくたちにプロデュースできない会場というものはありません。
どんな場所でも、お2人とご相談しながら式&披露宴を作り上げていきます。

プロデュース会社というのは、色んな会場と契約しています。
そして当日にその会場をお借りして、お2人の結婚式の運営をします。

会場の中には、完全専属のところもあれば、そうでないところもあり、色々。

でも専属じゃないからといって、手を抜いたりする事はもちろん無いので、
どの会場を使わせていただいても、スウィートブライドの全てを注ぎ込んでいます。

式を執り行う上でのノウハウはもちろん、打ち出し方や展開の仕方など、
惜しみなく、隠す事なく、会場に提供しています。

本来であれば、なるべくノウハウを見せない状態で進めていくものですが、
ぼくの場合、性格的な部分もあって基本的に丸裸で会場様とお付き合いしています。

真似をされたり、ぼくが提案している事をそのまま持っていかれたり・・・、
そういう事は悲しいですが、ビジネスの現場ではよくある事。

でもそれでも、ぼくが全てをオープンにして仕事をしているのは、
見た目ややり方をどれだけ真似されても、本質は真似をされないという自信があるから。

その本質こそが、ブライダルプロデュース会社の命でもある訳です。

お2人にとっては一生に一回の結婚式。
決める時も終わってからも、他と比較のしようがありませんよね。

だからどこまでいっても、お2人がその本質を見極めるのは無理でしょう。

どの会場でやっても、おそらく感動して感激して「よかった!」と思えるはずです。
それがブライダルの魔力。

それでいいんです。

だからぼくが大事にしている本質というものは、実はぼくの自己満足でしかないという事なんですね。

ぼくの大切なお客様を、
このカメラマンに、こんな風に撮ってほしい。
この美容師に、とびっきり可愛く作り上げてやってほしい。
この司会者に、お2人の想いをぶつけたい。

ただただ、そんな思いで、スタッフもそろえています。

それがスウィートブライドのこだわりと自己満足。
ぼくがプロデュースする以上、ダサいのは嫌だし、愛が無いのは嫌。

プロデュース会社にはそれぞれの特徴や色があります。

スウィートブライド以外のプロデュース会社に行くと、違う事を言われるかもしれません。
またプロデュース会社を通さずに直接会場に行っても、違う接客を受けることでしょう。

でもそのどれもが正解で間違いというものはないんですね。

色々回って、色々話を聞いて、
その上で、お2人がこの人だと思えるところと契約してほしいと思います。

結婚式費用なんて、実はそんなに大きく変わるものでもありません。
最初は安くても、じりじり上がっていくのが結婚式の見積もり。

だから費用に惑わされずに、お2人の心で感じて選んでほしいなぁと思います。