今日はスウィートブライドがお願いしている美容師の紹介。

美容師と言うと何かふる~い感じがあるので、
スウィートブライドではメイクアップアーティストと言う方が合ってるかな。

結婚式の主役は花嫁様。

どんな花嫁様になりたいですか?

これは、常に新規接客の最初でぼくが聞く質問。
この質問から全てが始まります。

その言葉の背景には、どんな希望も叶えてあげようという想いがあります。
そしてその夢の大半を占めるのが、ヘアメイク。

「スウィートブライドの花嫁は本当にキレイ。」
世間からそんな風に言っていただけるのが、何よりの褒め言葉。

鷹野恵実は、梅田の駅前でセットサロンRICCOを経営しています。
彼女はブライダルというよりは、雑誌等のモデルのヘアメイクが中心。

スウィートブライドでは、ブライダルを単なる仕事と割り切った人と一緒にやりたくなくて、
やっぱり技術はもちろんですが、楽しんで向上心を持ってされている人と組みたいと思っています。

その象徴のような存在が、鷹野恵実なのかもしれません。

彼女の作るヘアメイクに、ぼくはいつも感動します。
それと同時に、今日の花嫁様もキレイに作ってくれてありがとう・・・と本当に頭が下がります。

新郎新婦様というのは、接客を重ねるにつれ、ぼくにとっては家族のような存在。
そんな大切な家族のヘアメイクを任せる訳ですから、ぼくがこの人!と思う人に任せたい。

鷹野はすごく前向きで、常にエネルギッシュで、
そんな彼女に、ぼくも感化されて、よし!やろう!っていう気持ちにさせてくれる人。

最近では、スウィートブライドに和婚が増えてきたので、
鷹野には無理を言って白無垢の洋髪を作ってもらっています。

鷹野の作る和装の洋髪は本当に可愛い。

新婦様の頭を360度ぐるっと見ても、色んな表情があって、素晴らしいです。

ぼくの私観が相当に入っていますが、やっぱりぼく自身が感動したいんですよね。
自分が感動する仕事をしてなきゃ、お客様は感動しないと思うんです。

そういう意味でも、鷹野恵実というメイクアップアーティストは、ぼくにとって不可欠な存在。

今日のスウィートブライドがあるのは、そんな彼女のおかげでもあるんですね。

O9A1316
※鷹野恵実 モデル HITOMI
RICCOのホームページはこちら>>>