先日から、カメラマン、美容師、司会者とご紹介してきましたが、
それぞれは本当に素晴らしいプロ中のプロですが、
スウィートブライドで仕事をしていただく上で、最も大切にしてるのはチームプレイ。

結婚式はスタッフの人数が多いから良いというものではありません。

少数精鋭で、キチンとポジショニングできている事が一番。
そして式の経過の中でそれぞれがポジションを入れ替えながら作り上げていきます。

そういう事ができるためには、チームスタッフがお互いの事を尊敬して信頼している事。

この中に一人でも、仕事だと割り切ってる人がいたら成り立ちません。
ブライダルチームというのは、普通のビジネス組織とは考えの根本が全く違うもの。

お客様の事をどれだけ思ってるか、その温度が大事なのです。

そんな人たちと式の運営を共にしていくと、あうんの呼吸が次第に出来上がってきます。
インカムが無くても、アイコンタクトが無くても、ピタっと呼吸が合うようになってくるものです。

そんなステキなチームでの一日は、とっても気持ちがイイ。

このチームが集まれば、何かが生まれる・・・・。
バンドで音楽を演奏しているような・・・、そんな気持ちになるんです。

イントロがあり、ソロパートがあり・・・。そして、アドリブがあり。

まさにフリージャズ。

それがスウィートブライドのチームが作り上げる式の形なんだと思っています。