スウィートブライドという会社は、
ぼくが想像していた以上にステキな会社になってきたように思います。

自分自身が日々成長するのはもちろんの事、
会社というものも、同じように、いや、それ以上に成長していくものです。

それはおそらくは、自分自身の経験、知識、そしてなにより人生観の変化によって、
成長していっているものだと思います。

10年前に今のような会社を作ることは難しかったでしょう。
でもこうして続けていれば、その境地に近づく事ができる。

そう思うと、人生というものは、諦めてはダメなんだなぁと思います。

不思議な事に、15年前、ぼくが大志を持ってやろうとしていたブライダルプロデュースの形に、
今が最も近いように感じています。

大きな失敗があって気付く事があります。

もし、失敗せずに突き進んでいれば、おそらく今のぼくは無かったでしょう。
地べたに這いつくばって、色々悩んで、考えて、出来上がった今のスタイル。

でも実はそのスタイルが、15年前の創世記の頃の自分の描いたスタイルに近いのだから、
いやはや人生とはうまくできてるもんだと思います。

人生の成長とともに、仕事の成長があり、
人の夢や希望というものは、輪廻しているかのように自分自身を取り囲んでいるような・・・、そんな風に思います。