結婚式に関わる言葉として、「持ち込み料」という言葉を聞かれた事があると思います。

式場に気に入ったドレスが無いので、自分の好きなドレスを持ち込みたい。
知り合いに美容師がいるので、持ち込みたい。
知り合いにカメラマンがいるので、持ち込みたい。
知り合いに司会者がいるので、持ち込みたい。
こだわりの引き出物を用意して、持ち込みたい。

などなど・・・、持ち込みというのは、結婚式のすべてのアイテムに関わってきます。

これに対して、結婚式場の対応はまちまちです。
そして時代の変化により、その考え方もまた変わっていくもの。

本来の考え方は、持ち込みはしてほしくないというものです。
その式場に契約をして入っている業者さんがいます。
その業者さんは契約先の式場に対して、うまくコラボできるようお金の投資もしながら、
レベルアップにつとめ、その式場に貢献していく努力をしています。

だから基本的には、その式場ではその業者さんで買うというのが本来あるべき姿。

持ち込み料というのは、払えばいいというものではなくて、
持ち込んでほしくないという式場側の意思表示であるといえます。

すべてのお客様が持ち込み料を払って持ち込みをされれば、
そこで契約している業者さんは身も心も大変です。

だったら、持ち込み不可にすればいい。そう思いますよね。
でも、不可にすれば、新郎新婦様からは何てケチな式場だろう・・・と思われます。

お客様からすれば、あなたの式場としての施設を気に入って使うけれど、
中身は私たちの好きなようにさせてもらって当たり前。

これでは、式場は単なる場所貸しでしかありませんよね。

もっと式場として、この業者さんを使うことでそこの挙式が素晴らしいものになるんだという
訴求が必要なんじゃないかと思う反面、中途半端に業者さんを揃えているだけだから、
お客様から持ち込みたいと思われるという側面もあって・・・・。

結局のところ、お客様の納得性という部分に尽きるんじゃないかと思います。

政治力、資本力という一般のお客様が触れることのない闇の部分もまた、
事業には当然存在するものです。

持ち込みというのは、本当に難しい解釈の上にあるものだと考えさせられます。

スウィートブライドは、持ち込み可と不可と混在しています。
持ち込み可は、引き出物、衣裳、招待状や席札等のペーパーアイテム。
持ち込み不可は、司会、音響、花、美容、カメラマン。

物の部分はOKで、持ち込み無料です。
人の部分は基本的に不可にしています。

なぜなら、スウィートブライドは施設の力ではなくて、人の力で運営しているから。

でも例外はあります。
先日も、美容の持ち込みがありました。

それぞれのお客様に理由がありますから、そのあたりはご相談の中で決めていきます。

持ち込み料というのは、ルールとして決めていながらも、
最終的にはお2人の納得性になる、・・・そいういう、何とも難しいブライダルならではのものなんですね。