関わる全ての人に喜んで欲しい。
これは当社の指針である「ハッピートライアングル」の想いです。

スウィートブライドと、お客様と、クライアント様、その全てがハッピーになる事。

でもこれってすごく難しい事なんですね。

お客様の事だけ思えば、クライアント様には安く安く価格をたたかねばなりません。
クライアント様の事だけ思えば、お客様には高く高く売りつけなければなりません。

この相反する事を、双方にとって満足するところに落とし込んでいかないといけないんです。

ぼくたちは、お客様を選ぶ事はできませんが、クライアント様を選ぶ事はできます。
だから当社が最も力を入れる部分は、クライアント様選びという事になるのかなと思います。

それは技術者であるスタッフから、使用させていただく会場にいたるまで様々。

ぼくのイメージでは、それら全てが、「ブライダル屋」であってほしいという事。

「ブライダル屋」というその言葉の裏には、
ブライダルを仕事としてやってる人はこういう人であって欲しいという願いがあります。

それは、仕事なんだけど、仕事でない・・・、そんな微妙なバランスの中でやれる人。

そして、そういう人たちでチームを作ることができれば、
ぼくは皆がハッピーになる事は可能な事なんじゃないかと思うのです。

価格ももちろん大事、売上ももちろん大事ですが、それ以上に人の力を大切にしたい。

スウィートブライド流ハッピートライアングル。目指していきたいですね。