2015年4月15日。
前撮り : 書寫山圓教寺

この年の2月14日にフレンチレストランで人前式&披露宴をプロデュースさせていただいたお2人。
圓教寺での前撮りは、その結婚式の2か月後に。
後撮りって言うほうが正しいかな。

僕にとっては、結婚式と前撮りの両方をさせていただいた初めてのお客様だった。
とっても明るくて、スウィートブライドのお客様!って感じのお2人だったな。

当時は、まだ和装は和装専門の美容師、ドレスは洋装専門の美容師と分けてた頃。

でもこの時は、レストランウェディングの後だったので、結婚式と同じ洋装専門の鷹野が前撮りのヘアメイクも務めることになって。

今でこそ、当社では、白無垢の花嫁様にヘアメイクと着付け師をコラボするのが当たり前だけど、
当時はそんな発想が僕にはなくて、あくまでも着付けをできる先生がヘアメイクもするという従来通りの考え方に沿ってやってた。

だからこの日は、僕にとっては実はとても衝撃的で、パァ~っと未来が開けた気がしたんだ。

ヘアメイクが変わるくらいでオーバーな・・・と思われるかもしれないけれど、
その時の僕には鷹野のヘアメイクを和装でも見れるというのは、とっても嬉しい事だった。

そしてこの日を境に、当社のひとつのやり方が確立されたと言ってもいいかな。

だからそんな事もあって、僕には忘れられない思い出の一日になった。
そしてそれが僕がとても大好きなお2人だったから、余計に心に残る素敵な思い出になってるんだな。

この日の写真もすごく良くて、
スウィートブライドの圓教寺のスタイルが生まれたようなそんな気持ち。

摩尼殿でのご祈祷シーン。
新婦のおばあさんが来てくれて嬉しかったなぁ。

摩尼殿舞台での撮影。
この時の美容師鷹野のヘアメイクはとても好きだった。

常行堂舞台での撮影。
カメラマン西松さんの優しい雰囲気がでたとっても好きな一枚。

この日があったから、今があるように思える。

お2人にも感謝だな。