「中道さん、最近面白い結婚式あった?」
同業者、また知人からよく聞かれる質問だ。

その質問の真意というのは、
変わった会場、面白い演出、大掛かりな演出・・・みたいなこと。

でも僕はイベント屋ではないので、
基本的な答えは「NO」。
結婚式はそんな表面上で良かった悪かったというものではないのだから。

結婚式ほど表面上には見えない奥深い世界はない。
お2人の気持ち、そして参列したゲスト一人一人の気持ちの奥深いところに結婚式の見えない力がある。

新郎のお母さんの本音、新婦のお父さんの気持ち、おばあさんの想い、お姉ちゃんの気がかり・・・

いっけん華やかな結婚式の裏側には、ご両家の負の部分が多い。
僕はプランナーとして、このご両家の負の部分を知る事になる。

その負の部分は、結婚式では決して公にはされず、おそらくは僕しか知らなかったりする。

結婚式というのは、ご両家が繋がるという事だから、そこには様々な葛藤や物語があるもの。
キレイな物語もあれば、そうでない物語もある。

でもその奥には必ず「愛」があって、
結婚式の演出の大小ではかれるものでは決してない。

それら全てをひっくるめて結婚式当日というものが存在するんだ。

でもそんな中にあって、なぜ当社の結婚式はあったかいものになるのか・・・
それは、真心溢れるスタッフのおかげだと思ってる。

スウィートブライドにご相談に来られたお2人にぼくが式場を紹介する時、
その式場の施設面より、その式場で働いている人の良し悪しを一番にご説明している。

結婚式というのはイベントではない。

ご両家ご家族それぞれの想いが複雑に入り混じって、その中でそれぞれに違う形の愛があって・・・、一人一人なんだな。
それらをあったかく包み込んでまとめていくには、人の力以外にはなくて。

会場の広さや、便利さ、、キレイさではないところに本質があるという事。

僕がメインでプロデュースさせていただいている式場の人たちは本当にいい人ばかり。
そして、当然当社チームスタッフの人柄はどこにも負けない。

複雑に感情が絡み合う結婚式当日・・・
マニュアルとオートメーションでいけるほど甘くはないということ。

心底だ。

だから疲れる。

でもだから結婚式なんだと思う。