結婚式が終わったお2人がショップに遊びに来てくれることが、
ぼくが何よりも嬉しい事です。

最近では、親御様やご親族の方が来られる事もあり、ありがたいなぁと思っています。

当社がプロデュースする結婚式というのは、設備の整った専門式場ではありません。
神社やお寺や教会での挙式、そして料亭でのお食事会というのが当社の主の仕事になるので、
参列されるご親族については、不便さを感じられている事と思います。

それだけに、ご親族の方々への心配りは常に気にかけている部分です。

施設的なものは悪くても、少しでも式を楽しんでいただきたい。
いい式だったと思っていただきたい。

そんな事を思ってプロデュースをさせていただいたご親族の方が、
式後にショップに遊びに来ていただけるのは、ぼくの中では何よりも嬉しい事なんですね。

演出とかそういう事よりも、
アットホームな空気をどこまで作れるか、を考えてプロデュースさせていただいています。

プロデュースをするスウィートブライドと、使わせていただく会場、
そしてゲストの皆さまが楽しいねという空気に満ち溢れることがぼくの目標です。

大きな事はできませんが、一人一人の目線に立ったプロデュースをしていきたいと思っています。