あと1週間もすれば、咲き始める桜。

この写真は、去年の姫路神社の散り際の桜です。
参道も桜の絨毯になっています。

咲き始め、満開、散り際・・・
姫路神社の桜はどのシーンの桜も輝きに満ちてます。

姫路神社の桜が、姫路城より美しく感じるのは、
切なさ、はかなさという桜が持つコアの部分が、風情ある姫路神社の空気感に合うからなんだろうと思います。

桜は気持ちで眺めるもの。
だから、桜はモノクロ写真がステキに感じます。

今年は2組の新郎新婦様を姫路神社の桜の下で撮影します。

僕が好きな曲「桜の花、舞い上がる道を」
まさに新郎新婦様にとって、”輝くときは今”。

エレカシ宮本の歌声が、
今から僕の気持ちを高揚させてくれるようです。