ウェディングプランナーはとても地味な職業です。

僕は「黒子」というポジションが性に合ってる。
だからウェディングプランナーという仕事は、
とても僕らしいと思っています。

結婚式は華やかな舞台です。
でも反面その舞台裏は、とても地味な世界。

僕は常に、そんな華やかな世界と地味な世界を
行ったり来たり・・・

それを長年にわたり、コツコツ繰り返してると
何かしら見えてくるものがあるんです。

それこそが、結婚式の本質だと思ってます。

でもそれを言葉にするのは難しい。

それは時折、鮮明に見えるんですけど、
まだまだ感覚でしかありません。

だからとても地味ですが、
僕はいつもその見えざる感覚を追い求めています。

ウェディングプランナーという仕事は、
目に見えないものがあまりに多い。

そこにこそ結婚式の本質があるのです。