結婚式場を探すカップルは、最低3件の会場を廻られるようです。
それらが均等にそれぞれの会場で決定すれば、会場の成約率は3割という訳です。

だから普通の式場は新規相談からの成約率は3割を目指していると言われています。

プロの派遣フリーランスプランナーにいたっては5割の成約率を求められ、
そこに達しない場合は、その式場との契約がなくなる場合もあります。

そんな世界。

でも逆を言えば、新規でご相談に来られたカップルの大半は、成約してくれないという事でもあります。

もちろんスウィートブライドでもそれは同じ。
だから2回目来られないカップルの初回来店時の資料は、もう来られないだろうと判断した時点で廃棄処理になります。

でも稀に、お客様よりお断りの連絡がはいる時があるんです。

「先日はお世話になりました。じつは○○○○という理由で、○○○○という会場で結婚式をする事に決めました。」とう内容。

これは、実に清々しいご連絡。

普通は何も言わずに他店にいくものだけど、こういう連絡をいただくと、こんな丁寧な人がいるんだと感激してしまいます。
そんなお2人には心から幸せを願ってしまうものです。

そして不思議なもので、そういうお客様の事って頭から離れない。
あのお2人、あの式場でどんな結婚式したんだろうな・・・って。

もちろんお2人はぼくに気を遣ってもうご連絡はしてこないだろうけれど、
もしこんな式でした!って写真でも持ってきてくれたら、本当に嬉しいなぁと思います。

絶対にスウィートブライドでしなきゃいけないという事ではなくて、
一度でもご相談させていただいたら、ご縁というか何かつながりを感じるもので・・・。

ウエディングプランナーというのは、皆そんな感じじゃないでしょうか。