プロデュース会社が確実に専門式場と違うところは、お客様層でしょう。

以前私はプロデュース会社と専門式場を同時にしていた時期がありました。

その時に感じたのは、お客様のタイプや嗜好は千差万別、十人十色とは言われるものの、
プロデュース会社と専門式場とでは、そのふり幅が違うんですね。

専門式場には、その式場を好むカップルが集まるので、
基本的には同じ嗜好を持つ人たちな訳ですから、タイプは似てくるものです。

でもプロデュース会社には、全てを包括する色んなカップルが来られます。

専門式場、ホテル、ゲストハウス、海外挙式、レストランウエディング・・・、
またオリジナルウエディングなのか、お食事会だけなのか、神社挙式なのか・・・・
挙式ではなくて、演出だけの相談、引出物の相談・・・・などなど。

まれに結婚式を挙げるつもりはないんですけど・・・・なんて言ってご来店されるカップルもいます。

面白いですよね。

式場のようにそこの会場を見学したい!という明確な意思を持ってこられないので、すぐにプラン等の接客に入ることは少ないです。

まずは様々な角度からお二人の要望を聞きます。
プロデュース会社に来られるお客様には2つのタイプがあって、専門式場ではなくて
オリジナルウエディングがしたいという目的が明確なタイプと、何をどうしていいか全くわからないというタイプ。

私どもの特性上、全くわからないからまず知識を得るために来ました!と、言われる事が、すごく嬉しかったりします。

式場に行っちゃうと、そこの良さしか教えてもらえませんが、
私どもでは、第三者的な感覚でお二人にお教えすることができるのが最大のメリット。

そこをわかった上で、来ていただけるのが嬉しいですね。

私たちももっともっとお客様にプロデュース会社というものを理解いただくように頑張らないといけませんが、
お二人にとってプロデュース会社という存在が、まず最初に行くところっていう風になってくれれば、最高かなって思います。

お二人の良き相談窓口でありたいと思っています。