皆さま、明けましておめでとうございます。

昨年は、とても充実した学びの多き一年でした。
本当にすてきな新郎新婦様やご親族様との出会いがあり、感謝しつくしても足りません。

お2人の愛の形、親子の愛の形・・・、色んな愛の形を見せていただきました。
ひと組ひと組にドラマがあり、それを感じた時に、ぼくのしている仕事の大きさを感じずにはいられません。

今、ぼくがやっている仕事は、ホテルや専門式場さんから見ると仕事とは呼べないかもしれません。

それくらいスローでゆったりと、個人と個人で向き合ってるようなやり方をしています。
でもだからこそ、多くの学びがあります。

ぼくのようなプロデュースのやり方は、業界の中ではイレギュラーですから、スタッフの方も大変だと思います。
でも、新郎新婦様のために、技術云々ではなく、心で向き合える・・・・そんなチームを目指しています。

それぞれが学び、そして感動し、チーム、そして新郎新婦様全てがその感動を共有できるような結婚式。

それがぼくの理想です。

仕事とは、幸せになるためのもの。
これからもそれを心に思い、まっとうに取り組んでいきたいと思っています。

これまでスウィートブライドで結婚式をプロデュースさせていただいた新郎新婦様に、心から感謝。

そしていつでも遊びに来てほしいと思っています。